『ひぐち動物園の話』 その1

前に記事を書きましたが、
私の小さな頃に
個人経営の『ひぐち動物園』という本格的な動物園がありました。
関連記事はこちら
http://yuyado.at.webry.info/200603/article_26.html
どうもず~~~っと気になっていて
実はいろいろ調べていました。
で少しだけ発見したんですよ。
案の定ではありますが
神奈川県立図書館に数点ですが資料がありました。
ただ残念なことに貸し出し禁止だそうです。
メールで問い合わせたところ・・・
内容を転記して送っていただきました。
これで分かった事は
『ひぐち動物園』は
やはり個人経営で
昭和32年8月開園で 
たぶん昭和36年にはなくなっていたようです。
これじゃぁ私の11歳違いの妹が全く知らないわけです(笑)
住所は 熱海市泉232(かっては湯河原町)
現在の椿寺(動物愛護廟)でした。
椿寺の関連記事はこちら
http://yuyado.at.webry.info/200701/article_18.html
http://yuyado.at.webry.info/200607/article_25.html

画像


意外とへんなとこでつながってきそうですね。
ただ私の記憶している場所とは若干違いがありますが、
今思うと境内への車でやっと通れる細い道が
妙になんかの施設を再利用しているような気がしていました。
今度住職さんにいろいろ聞いてみます。
でも住職さんは確か名字はひぐちではなくわきたですが・・・
でも犬は秋田犬のような日本犬を飼っていられました。

なお県立図書館に必要資料のコピーをいただけるのか再度問い合わせ中です。

参考として
いただいたメールをそのまま載せます。
とにかく
このひぐち動物園と真鶴の三ツ石の近くにあった水族館が
私の熱帯魚飼育の原点なんです。
なお水族館のことも今後調査します。





原文のまま

お問い合わせの件について回答いたします。

郷土資料の森(第31号)2005年のレファレンス事例から「湯河原にあったひぐち動物園」に掲載されています記事で、神奈川県立博物館協会会報第2号「動物と暮らして思う」(1958年11月)の紹介です(本文は以下の通りです)。

---------------------------

湯河原にあったひぐち動物園はどのような施設だったのでしょうか。

「ひぐち動物園」は、足柄下郡湯河原町750にあり、国鉄(現JR)湯河原駅から徒歩約10分の山沿いに昭和32年8月に開園しました。園長は、樋口雅祥氏でした。氏は動物に対して“教育・研究・慰安”で臨み「東京以来ずっと可愛がってきた秋田犬のために小屋をつくってやったのが手始めで」手甲脚絆に地下足袋姿で動物園を設置するための場所を探し求めました。
 樋口氏は「動物を好きになる動機の一つとして馬と犬が果たした役割り」について神奈川県博物館協会々報第2号「動物と暮らして思う」<K067/1.3/2/3>(july 1959)に紹介しています。

---------------------------

なお、この文を書いているのは、樋口庄市氏です。紹介文では、樋口雅祥氏とありますが、この号の会員名簿には、園長樋口庄市、副園長樋口かおるとあり、
住所は足柄下郡湯河原町泉 電 湯河原428 756
とあります。
さらに、同会報の増刊「神奈川県の博物館」(昭和35年11月発行)には、ひぐち動物園の紹介(写真3枚と飼育動物リスト・展示リストなど)が1ページ掲載されています。この紹介での住所は、泉232になっています。

なお、昭和36年までの神奈川県立博物館協会の名簿にはありますが、「ジュニアの旅 箱根・湯河原」(神奈川県観光協会・編 神奈川県 観光協会 1959)<K291.85/42> の
昭和36年12月現在の湯河原観光施設リストにはありませんでした。
また、昭和32年7月から9月の神奈川新聞や当館発行の新聞記事索引(昭和34年以降)にも同施設の記事は見つかりませんでした。

最後に、以上紹介しました資料は、郷土資料で貸出いたしておりませんので、必要な箇所の複写での対応になりますことをご承知おきください。

以上を、ご質問に対する回答とさせていただきます。
なお、回答については以下のセクションが担当いたしました。

2008年7月29日
神奈川県立図書館 かながわ資料室



まだこれからも調査継続中
また古いアルバムにひぐち動物園へ行った時の写真があったように記憶していて
現在それも探索中

またもしこのひぐち動物園について知っている方がいらっしゃいましたら、
是非いろいろ教えてくださいませ!!!「

         人気無いけど 人気blogランキング参加中
              クリックしてってね
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

takuro
2009年02月17日 07:21
貴重な情報ありがとうございます。
ヒカシュウの巻上公一さんとは弟が同級生です。またお兄さん?とは私が同級生です。父と巻上さんのお父さんとが同い年(亥年)で小さい頃庭の大きな池でつりをさせていただいたことがありました。たぶんその跡地は現在はマンションになっているということがその後わかっています。
ありがとうございました。
桐生市在住
2009年03月07日 22:34
この動物園で飼われていたゾウ。今でも桐生市の動物園で飼育されています。昭和36年に桐生にきたようです。
takuro
2009年03月07日 22:54
貴重な情報ありがとうございます。
不思議なつながりがあるもんなんですね。
どういう関係で行ったんでしょうね?
実は動物園にいった時のアルバムを見つけたので今度アップします。
湯河原住民
2017年09月25日 23:53
椿寺ですが、私子供の頃そこにお不動さんがあって、初午の時にお菓子をもらいに行った記憶があります。
たくろー
2017年09月26日 07:37
情報ありがとうございます。
椿寺さんはペットの火葬をしてくれるのでうちではすでに3匹お骨にしていただいています。未だに動物に特化しているお寺というのがありがたいです。

この記事へのトラックバック