これってどうよ? LeDio7 UV  その3

夕方には記事書きかけたのですが
忙しくてほったらかしていたら
消えちゃいました。どこいったんだろう。
あぁ地震は全く影響なしです。
小さな揺れは何度かありますけどね・・・。
実はLeDio7 UV使用一日目からちょっと異常事態が発生しました。
昨日緊急報告を記事に追加しましたが
まずトゲトサカが調子を乱しました。
これは陰日性だからさもありなんですが
さらにいろいろ調子がおかしくなりました。
コモチハナガサはポリプがしなびてきました。

画像


さらに
チジミトサカとカタトサカは
ポリプの一部は溶け始めました。

画像


急遽LeDio7 UVの使用を中止して
1.023world - ヤドカリパークとマリンアクアリウム

のエイジさんに連絡を取り
うちの水槽の照明状況を連絡し
原因の検証をお願いしました。
ちなみにうちの異常を感じた時の照明設置状況は
テクニカ クリアランプホワイト  22W EFR22TKC クリアライトスタンドM(15~20cmぐらい)水槽向かって左上から
同じ位置に2台並べてLeDio7 UVを設置しました。
テクニカ クリアランプブルー  22W EFR22TKB ネオアーム(30cmぐらい) 右上から
アクシーキュート 600マリン W/B球(白/青球) PL36W 水槽上 後ろ1/3ぐらいの位置
レコルトアイ3Wブルー30cmぐらい離れた隣の90cm水槽から(24時間点灯)

画像


さすがすぐにうちと同じような照明を設置して
計測していただき
的確な答えをいただいたのでご報告いたします。
要は光量の急激な増大による光障害だそうです。
ここからは原文の一部抜粋です。

■検証材料
---------------------------------------
用意した蛍光灯ランプ:オーム社 EFSP22ED/22W(白)
用意した灯具1.:一般灯具(集光無し)
用意した灯具2.:スポットミニ(集光あり)
---------------------------------------

■照度測定(lx)
---------------------------------------
        30cm   20cm    15cm
灯具1.    300    1,700    2,700
灯具2.   1,900    4,400    7,200
UV-LED  3,700    7,700    12,200
---------------------------------------

■紫外線測定(mW/cm2)
---------------------------------------
        30cm   20cm    15cm
灯具1.      0    0.01     0.02
灯具2.      0    0.01     0.03
UV-LED     0    0.01     0.02
---------------------------------------


検査の結果、蛍光灯にも紫外線が同等の紫外線が含まれています。
(蛍光灯の構造上、当然の話ですが)
という訳で、蛍光灯との比較に於いて、紫外線による影響の違いは
全く無いと言える事が判りました。

よって、原因は明らかな光強度障害です。
レフ型ランプは用意できませんでしたが、レフ型による照度増加量は
レフ無しと比較して微々たるものなので、上記データの灯具1.を少し
強くした程度とお考えください。恐らく30cmで400lx程度、15cmでも
4,000lxもいかないでしょう。
これをUV-LEDランプとの比較で見ると、照度差はなんと3~9倍にも
達していたことが判ります。コレはさすがに光合成障害は避けられないでしょう。


という訳で、安心して距離の調整から始めてください。
こちらでUV-LEDの照度が400lx程度になる距離を測定しましたら、
約80cmの距離が必要でした。
まずは80cmから始めてください。
一週間~10日掛けてゆっくり近づけていき、最終的にいずれかのサンゴが
萎縮したり粘液を出すようなら、その直前の距離が光量的に限界距離でしょう。
あとはサンゴを移動するか限定するか、色々考えてみてください。


という事でした。
データ紹介エイジさんよりOKもらっています。
これを踏まえて
LeDio7 UVを80cmは無理なのでこの水槽から60cm前後の
90cm水槽のライトリフトに設置しました。

画像


いったん撤去後に
ほとんど調子を戻したサンゴたちも
この位置なら何の問題も無いようです。

画像



これから少しずつ近づけていくつもりです。
LeDio7 UVの性能が良すぎるための
異常発生だったとは(苦笑)
もしこれから実験に参加する予定の方も
この点は注意した方がいいようですよ。
LeDio7 UVは
並のLEDは無いのです。
購入はこちらからどうぞ!
http://www.1023world.net/shop/volxjapan/Grassy-LeDio-7-UV-monitor
紹介記事は
http://www.1023world.net/blog/%e7%b4%ab%e5%a4%96%e7%b7%9aled%ef%bc%9a%e3%82%b5%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ab%e8%b2%a9%e5%a3%b2

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kei
2009年12月19日 13:36
こんにちは。
この記事でまた勉強させられました。
それにしても生体というものはとてもデリケートで正直ですね。目に見えて分かるものは気がつきますが、そうでないものもできるだけ早くにサインに気がついてあげなければと改めて思いました。
takuroさんが「呪われた水槽」なんて思わないですんで良かったです。
それにしても「1.023world」さんは素晴らしい対応ですね。時々拝見しては「お~!」と感じていましたが、すごい!
takuro
2009年12月19日 17:24
こんばんわ。
エイジさんはさすがに博識だし対応早いので感謝しています。

この水槽はサンゴはいいんですけどね。
魚は当分入れないつもりです。

この記事へのトラックバック