再発見!ウバウオ

やはりつっちさんご指摘のように
ウバウオで間違いないようですね。
相変わらずお忙しい
道楽親父さんからはメールの返事来ないし・・・
だから
ウバウオで確定という事で(笑)
あれからず~~~っと見かけていませんでしたが
タツノオトシゴの観察のついでに今日必死に探したらいましたよ!
元気にヨコエビ捕食していました。
若干成長したような?
そんな訳無いか(苦笑)。。。

画像


最大でも6cmとか・・・
ならこのままタツノオトシゴと共存できるよね。
なんかおなかに吸盤があって吸い付けるらしい?

画像



もちろんそこまでは観察できない・・・
長期水槽飼育は難しいって書いてあるけど
うちは餌が豊富だから何とかなるんじゃないの?

おまけで
すぐ横にチビヤドカリがいるのを久々に発見!

画像
    クリックすると写真拡大できます。

少し大きめの貝に引っ越していました。
発見からもう半年近く経過
多分大きくならない種類ではないでしょうか?
まだ貝の大きさだって1cm無いよ!
本当に何ていう種類なんでしょうね?

画像
    クリックすると写真拡大できます。



          人気無いけど 人気blogランキング参加中 
           お願い。。クリックしてってね
画像


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

つっち
2010年01月28日 22:13
やっぱウバウオっぽいね。
確かに飼育は難しいって聞いたことある。
でも、結構かわいい種類だから、がんばってねー
takuro
2010年01月28日 22:23
つっちさん こんばんわ。
ようやく再発見できました。なにぶん小さいですから・・・
さっきタツと一緒にいました。仲良くなってくれそうです。
kazunagi
2010年02月09日 13:34
「ウバウオ」で検索していたらこのページが
HITしたのですが、これはウバウオではなくて
トビイトギンポの幼魚でございます。
北方系の魚なので夏場の高水温では飼育が
困難になります(25℃以下推奨)。
takuro
2010年02月09日 15:24
こんにちわ。
コメントありがとうございます。
九州から送っていただいたヨコエビの中に混入していたものなので、北方系の魚では少なくともありえません。
海水魚1500種図鑑で確認しているのでウバウオで間違いないと思いますよ。
このサイズの魚は似たのがいるので判断難しいですよね。
2013年10月18日 22:35
ウバウオから検索してここにたどり着きましたが・・・・
これはどう見てもウバウオじゃなくてトビイトギンポだろう。
takuro
2013年10月18日 22:57
トビイトギンポは太平洋側の魚です。
少なくとも日本海には数多くいるとは思えないです。
舞鶴からの海藻にも何度か混入しているのでウバウオの可能性が高いと思います。
まぁ飼育している訳ではないのでなんでもいいんですけどね。
なおタツノオトシゴの稚魚を食べる可能性が出てきたので、他の水槽に移動してその後行方不明です。
2013年11月03日 15:03
実は僕も日本海側の人間なんですが、トビイトギンポかコモンイトギンポと思われる魚はなんどか採集したことがありますよ。逆にウバウオは採集したことがありません。
調べてみると子供はよく似ていますね。
ですが写真の個体はウバウオにしてはニョロニョロしすぎているのと、おなかの吸盤がないようなのでトビイトギンポだと思いますよ。
tagagen
2018年07月31日 22:27
こりゃウバウオじゃなくカズナギじゃないか

この記事へのトラックバック