どこへ向かってるのか?海水魚飼育だっていうのに

結局20cm水槽を4本並べた。
ヤッコの餌付けの時もいろいろ沸かせて楽しんだけど
今回はどうしてもサンゴタツの稚魚を育てたくて
準備しているわけです。

画像


水槽の説明をすると
上段の一番左が稚魚回収用水槽でヨコエビや微生物が大量発生中で
受け入れいつでもOKです。
真ん中はワムシ強化水槽で栄養剤を食べさせて稚魚の成長を助けるワムシを製造しています。
右がワムシ増殖水槽で種のワムシをクロレラを食べさせて10倍以上に2週間で増やします。
下段の水槽は純海水産クロレラを増やす水槽で2週間ほどから回しして増殖させて
種を再び確保してから増殖した分は水槽の栄養として各水槽に添加します。
さてこんな工場みたいな飼育飽きずにいつまで続くのか?
それが心配だったりします。

まぁこういうのいやじゃぁないんだよね。
不思議と
基本面倒臭がり屋なのに

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ちょび
2017年05月29日 17:17
遊泳性のタツの稚魚は小さいので餌のプランクトンも小さくなけりゃいけないのでおのずと餌のさらに餌のクロレラまで培養しないといけない大変面倒くさいことになるのですがタツの繁殖の面白さははその面倒くささを上回るからやっかいだ!笑
たくろー
2017年05月29日 23:10
目に見えないものを飼育するってのは相当の気力がないとできないのかも?
あまり難しく考えないようにしてるけど

この記事へのトラックバック