まれ 急成長1050g

共同生活開始時は 上手く溶け込めず心配していましたが なんとか仲間に入れたようです。 まだ一番危険なキキとはご対面程度ですが 意地悪はされていないようです。 離乳食を全然食べてくれなくなり心配でしたが ドライを爆食い さらには大人の餌まで盗み食いする始末。 今朝体重を量ったら 1050gでした。 初めての…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

まれ デビュー

昨夜からほかの猫達とまれを 一緒にすることにしました。 ごくたまにくしゃみをするけど 猫風邪ではないという判断をしたからです。 案の定大変でした。 最初こそお姉さん猫やお兄さん犬も まれに気をつかっていましたが まずまれが 共同生活の経験がつく前に親や兄弟から 離してしまったため 大人の猫や犬たちとの付き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スミレヤッコとニシキヤッコの混泳もうすぐ2年

ヤッコの混泳をするつもりはなかったんだけど シマヤッコの餌付けに成功してじゃぁスミレもなんて 調子に乗って考えてしまい 案の定うまくいかず シマヤッコにスミレが殺されそうになったので 仕方なしにニシキヤッコと一緒にしてしまったら なんとなく何とかなってしまったというのが 本当のところです。 スミレの方が今のと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハタゴとシライトの争い?いや共存

60cm水槽に30cmオーバーの ハタゴイソギンチャクと シライトイソギンチャクが共存しています。 両方とも9年飼育しています。 以前は90cm水槽に共存していましたが なぜか水槽がサイズダウン。。。 もちろん接触しまくりですが あまり気にしていないみたいです。 ただ真似はしないほうがいいかも? この飼育は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まれ やっと800g

一時期本当にダメかと思われるぐらい 風邪をこじらせていたまれだったけど 先週の火曜日から急に回復し 鼻水がとまり 食欲も戻ってきました。 とにかくよく食べるようになったのが 本当に回復のきっかけでした。 まれを保護した時には 450gしかなかったのに それもいっぱい食べさせてからの体重だから もとは300gもなか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

こういうこともあるんですね?

5年前に飼育していたオオバナを死なせてしまい? 絶望的だったんだけど この数年その骨格の真ん中あたりに復活の兆しが たぶんほんの少しだけ生き残っていて こういう状態になったものと考えています。 あらためてその生命力に脱帽です。 でも元の状態になるのはいつのことやら?          元気だった頃
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まれのその後

先週中頃から風邪が悪化し インターフェロン注射を 土曜日に皮下注射。 それでもよくならず月曜日に静脈注射をしました。 食欲もないので流動食を注射器で 月曜日から開始しましたが 味が気に食わないのか半日はゆうことをきいて 我慢して食べていたが 夜には口に流し込んでも吹き出して拒否。 仕方なしに通常の離乳食をあげたら な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

私の手が大きいわけではなくて

450gはとにかく小さい 生後4週目ぐらいの大きさなのです。 たぶん歯は生え揃っているし 普通に離乳食を食べれるので 生後2ヶ月ぐらいが経過してると思う。 だとしたら1kg~2kgはないとおかしいわけで 食欲はあって毎回完食で 薬もちゃんと飲んでるのだけど 猫風邪がなかなか治りません。 くしゃみと鼻づまりで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

450gの命

以前より捕獲して 避妊手術をしようと思っていた 昨年生まれた『よそこ』というメス猫が間に合わずに妊娠して 5月に子供を産んでいた。 子猫は3匹でしたが まぁ野良の子猫にはありがちな 一匹だけが異常に体が小さい。 そして眼も塞がってしまっていて よく見えていないようでした。 一ヶ月以上経過して …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シマヤッコ飼育900日目

だから何? なんだけど 900日目です。 このシマヤッコはナチュラルさんから 2012年12月21日に購入した マーシャル産のシマヤッコです。 購入した時は3cmぐらいしかなかったです。 2年半たった今でも7cmぐらいしかありません。 魚種としてはシマヤッコが一番餌付けに苦労した魚でした。 チョウチョウ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

takuroの海水魚飼育遍歴その6(イソギンチャク類)

クマノミの飼育を開始すれぼ どうしても共生イソギンチャクが必須になります。 ただクマノミ類はイソギンチャクがいなくても 生きていけるし イソギンチャク自体もクマノミが一緒にいない方が はるかに状態がいいです。 まぁそれでもセットっていうか クマノミとイソギンチャクの共生がみたくて 海水魚飼育を開始した人は多いと思います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

takuroの海水魚飼育遍歴その5(クマノミ類)

やはりtakuroも海水魚を始めたきっかけはニモっていうと そうだろうと思うでしょうがそれは後付けで ある人に海水魚飼育を誘われたからで いろいろな飼育本をよんでいるうちにその気になったわけです。 海水魚飼育に興味をもってから ニモの映画を知ったくらいで それでイソギンチャクとクマノミの飼育に興味を持ったわけです。 だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

takuroの海水魚飼育遍歴その4(タツノオトシゴ)

タツノオトシゴを初めて飼育したのは 2009年4月16日でした。 当時ろ過槽にリフジウムをみたいな考えに凝っていて じゃぁそこに入れる魚はなんて考えているうちに タツノオトシゴに出会ってしまったわけです。 当初冷凍餌に餌付きやすい外国産のタツを購入しようとしましたが たまたま購入しようとしたショップがペアーでいなくて ネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

takuroの海水魚飼育遍歴その3(フグ類)

フグも随分挑戦しました。 コンゴウフグ ミナミハコフグ ラクダハコフグ シマキンチャクフグ シマウミスズメ クサフグ etc 比較的ほとんどの種類長期飼育できましたが コンゴウフグ ラクダハコフグ シマキンチャクフグは結構永く飼育していました。 今いないのは 飛び出し事故で失ったのがほとんどです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

takuroの海水魚飼育遍歴その2(チョウチョウウオ類)

何度も挑戦して何度も失敗したのが チョウチョウウオでした。 それこそ国内に生息する普通のチョウチョウウオの ほとんどを一回は挑戦しています。 アケボノチョウ トゲチョウ アミメチョウ セグロチョウ ナミチョウ チェルモン トノサマダイ etc 単価が安いこともあるし 20種類ぐらい飼育したことがあります。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

takuroの海水魚飼育遍歴その1(ヤッコ類)

今でこそいろいろな種類をそこそこ飼育できるようになったけど 多数の魚の犠牲があった訳で 供養にもなるので思い出してみます。 一番最初に飼育したヤッコは 誰でも最初に飼育するだろう大型ヤッコ? サザナミヤッコでした。 初代のサザナミは3年ほど飼育しましたが 成魚になりかけで死なせてしまいました。 その原因になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱帯金魚?

98windowsのパソコンが販売され始めたばかりの頃の話です。 まだもちろんブログなどなくて 個人のホームページの開設がちらほら始まった頃でした。 その頃に『熱帯金魚』ってホームペジがありました。 名前の通りで金魚を熱帯魚の飼育装置で飼育したら どうなるかというホームページでした。 takuroも非常に興味をもち 真似を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大涌谷を見てきました。

ニュース等でいろいろ報道されている 大涌谷の火山活動の活発化だけど 実際に見てみなければわからないので自分の目で見に行ってきました。 これから紹介する動画はもっとも近くから撮影したもので 位置的に言うと箱根温泉供給株式会社がある場所から撮影したものです。 もちろん半径300m以内は立ち入り禁止なので そんなに近寄れませんが自…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

水槽の中の怪生物

もう9年以上飼育?しています。 なにしろこの水槽を立ち上げた時に使用した ライブロックとともにやってきたからです。 今だと余計なものを水槽に入れたくない時は ライブロックを一晩キュア(養生)してから水槽に入れますが 当時はまぁいいやいいやなんて考えて すぐに水槽に投入してしまいました。 当然ライブロックに付いて来た多数の生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カクレクマノミ飼育4年オーバー

一体何種類クマノミを飼育してるんだと言われそうですが 現在はこの4種類だけです。 過去にはハマクマノミやクマノミも飼育したことがあり 飼育経験があるのはクマノミ全27種類のうちたった6種類だけです。 全種類飼育制覇したいという気持ちは今でもありますが 高価な種類もあるのでまぁ夢の夢(;´д`) このカクレ達は2代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナビラクマノミ飼育5年オーバー

この子達は2代目です。 初代のハナビラは水槽引越しで白点病を発病してしまい 4年飼育していたのに死なせてしまいました。 初代は宮古島産のハナビラでしたが この子達は国内ブリードの子です。 来た時は3.5cmぐらいしかありませんでした。 どこから購入したか記憶がないのだけど 飼育開始は2010年3月17日です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパインチーク飼育8年半へ

このスパインチークアネモネフィッシュを飼育始めたのは 2007年1月31日でした。 ブリード個体をヤフオクで別々に落札してペアー化させました。 飼育し始め当時も 大きさの差はかなり有り ペアーになるまでは今オスになっている 小さい方の個体はメスに何回か殺されかけましたが ねばり強くメスに近づいて結局根負けしたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペルクラ・クラウンフィッシュ1年経過へ

ファインディングニモの本当のモデルになったクマノミと言われている ペルクラ・クラウンフィッシュを飼育し始めたのは 昨年の5月20日でした。 真水で海水魚を飼育できるという好適環境水を開発した 岡山のSID創研という会社から購入しました。 http://www.sid-soken.jp/aquarium/ 本当は2匹だけ欲しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久々にゼブラのタツノオトシゴが

タツノオトシゴは水槽の中でも色々な色に変化します。 中にはゼブラになるタツもいます。 と言っても後天的なゼブラだと 先天的なゼブラほどはきれいに発色するのはまれですが 今回もメスの一頭がゼブラっぽくなり始めました。 もう一頭オスのタツも白っぽくなっています。 なぜこういう色変化するのかは永年飼育してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハタゴイソギンチャクVSシライトイソギンチャク

何年ぶりかの世紀の対決です(*´∀`*) 赤コーナー9年飼育のハタゴイソギンチャク 青コーナー7年飼育のシライトイソギンチャク(正確にはチクビイソギンチャク) 前回7年前の対戦ではシライトが辛勝して ハタゴは敗走しましたが 今回はどうでしょう? ハタゴが突然シライトの生息域に突入して先制攻撃に成功 シライトは一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今に始まったことじゃなかった?

昨年4月24日に大涌谷の噴火記事を書いていました。 http://yuyado.at.webry.info/201404/article_18.html 御嶽山の噴火で多数の死者が出たため 隠しきれなくなったというのがたぶん本当だと思う。 仕方ないのだろうけど 今までは政治的?に隠したのだろうけど 造成温泉施設が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

液晶モニターが壊れた

一週間ぐらい前からパソコンのモニターを見ると なんか赤いような気がしていました。 今朝突然それは来ました。 つまりブラックアウトしてしまいました。 仕事がまったくできないのは非常に困るけど 最低限はしなければならないことがあるから B5ノートパソコンに最低限の機能を入れて対処開始。 ところがメールをこっちのパソコンで受信し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立派なお○○

愛し合う姿は美しい。 それがタツノオトシゴだとしても いやタツノオトシゴだからなのかも 彼らは意外と思うかもしれないけど 一夫一婦制だと言われています。 だから若いオスとメスなら新しくペアーになる可能性があるけど 成熟したメスはなかなかペアーにはならない。 つまり繁殖を期待するなら 成熟したペアーを購入す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ9年

初めて海水魚水槽を立ち上げたのが2006年の3月でした。 当初飼育したのはカクレクマノミのペアーでした。 その後2006年の6月から飼育し始めたのがキイロハギでした。 カクレクマノミは2011年の3.11の後の計画停電で亡くしてしまい 結局現在飼育している魚の中で一番長期飼育しているのが このキイロハギです。 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつのまにか飼育2年超えていた

このシマヤッコを飼育開始したのは確か3年前の12月でした。 マーシャル産のシマヤッコで もちろん自分で餌付けしました。 餌付け方法は以前にも書きましたが ブラインシュリンプを湧かして餌付けしました。 といっても完全に人工餌を食べるようになるには 2ヶ月以上かかりましたがヽ(´Д`;)ノ うちの場合ヨコエビやいろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立ち入り禁止の倒木現場へ行ってみました。

この道は週一回ぐらいは朝の散歩コースになる道です。 危険なので立ち入り禁止の看板が出ていましたが 特に柵があるわけでもなくていつもどおりに?通行出来てしまいました。 いやぁ凄いことになていました。 要は幹の太さが2mぐらいある楠の木の巨木が 地面から2mぐらいのとこで裂ける様に折れて 送電線の電柱にぶつかっていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜2時間停電しました。

大雨の影響か昨夜家のすぐ近くの大木が倒れ電線を切断して 火災が発生しました。 火災自体は30分ぐらいで消火されたのですが もちろん停電が発生。 消防や警察が言うには木の所有者がわからないから 木を伐採することができないみたいなことを おいおいこの木のおかげで停電してるんだから さっさと木を撤去すりゃァいいじゃないの? 一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TSUNAGOがやっと来ました。

今はもうネット販売中止になっていますが 発売初期の頃に申し込んでいました。 短くなった鉛筆を削ってつないでしまい また一本の鉛筆にしてしまうという画期的な鉛筆削りです。 値段も高価で一個1500円(税別) 送料入れると一個1750円(税別)になってしまいました。 ただ木工用ボンドをサービスでもらったのでまぁよしとしますか(*…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンゴタツのオスがタツのメスに求愛

今朝照明がつく前に怪しい影が そうタツノオトシゴたちが求愛活動を始めていました。 ふとみると後ろの方に黒い影が・・・ そうサンゴタツのオスが タツノオトシゴのメスに興味を示しているようです。 そしてしばらくすると 一緒にいました。 大きさが倍ぐらい違うから卵の受け渡しはできないと思うけど どうなる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水槽の中の生き物

前にも記事書いたけど 水槽での海水魚飼育にはいろいろな方法がありますが たとえば徹底的に病気を出さないために ベアタンクにしていつでも薬品を使えるような飼育方法もあります。 ただそういう人工的な飼育方法って 水族館で珍しい魚を飼育するなら仕方ないのかもしれないけど 個人レベルであくまで趣味として飼育する場合 そういう方法で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夢の続きをみた

昔仕事をしていた頃のリアルな夢を2ヶ月ぐらい前に見たのだけど 昨夜その続きを見た。 事態はどんどん悪化してしまい 夢の中とはいえ リアルに怖いものを感じて うなされて目をさましました。 若い頃の経験なんだけど 夢の中に出てくる私は 現在の私で あの頃のようにタフでもなく体も思うように動かず またどうでもい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンゴタツとタツノオトシゴの比較

サンゴタツ 大きさ 5.0cm~8.0cm(国産の販売されているタツ類の中で最小多分?) 色 黒または褐色 体型 嘴は短く王冠は無い 比較的しっぽが長い 生息域 内湾のアマモ場(北海道から九州・中国) サンゴの名前は多分ゴツゴツした体型から来たもので サンゴのあるような海域にはいない。 タツノオトシゴ 大きさ 8.0…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

サンゴタツは泳ぎがうまい

多分生息域の違いからだと思うけど サンゴタツは タツノオトシゴよりはるかに上手に泳ぎます。 まるで魚のようです。 もちろんタツノオトシゴもサンゴタツも魚ですが(苦笑) 警戒心が強いし カメラ嫌いのようです。 もうこれっきりであまり写真は撮らないようにします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンゴタツのペアーが来ました。

結局1ペア購入しちゃいました。 送料梱包料入れると3,000円オーバーでした。 まぁそれでも通常1頭安いとこで1500円~2000円ぐらいだから ペアーでこの値段なら安いと思います。 まだ本当に子供ですね。 大きさは4cmぐらい 到着時メスの方が仮死状態で焦ってしまいましたが KaibaーWorldさんに聞いたところ サ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特売情報

イサザアミの購入で時々お世話になっている KAIBA-WORLDさんで サンゴタツのペアーが格安で販売されています。 なんと2匹で1980円です。 普通のタツノオトシゴより少し飼育難易度高いかもしれませんが この値段はありえません。 興味ある人よかったら覗いてみてください。 http://kaiba-world…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無題

海水魚を飼育するって言うと難しく考えてしまいがちだけど ある程度の知識があれば 簡単な飼育装置でも 一部の丈夫な魚だったら 淡水魚を飼育するような投げ込みと外掛けだけでも飼育できてしまいます。 昔20cm水槽で実験的にタツノオトシゴを飼育したことがありました。 ただその水槽で カーリーが大発生してしまい …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現在縮小の方向です

先週急に思い立ち 水槽2本を廃止した。 それぞれの水槽にいた魚たちは他の水槽に水合わせもしないで ネットで捕獲して放り込みました。 30cm2本の水槽になぜか40匹ぐらいのブッシープレコがいました。 勝手に繁殖を繰り返していたのですが もう我慢の限界を超えてしまったというのが本音です。 2本減らしても14本も水…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなことで春を感じる その2

春になるにつれ すこしずつ気温があがるけど 水温の変化はちょっとしたことで大きな変化がおきます。 特にヒーターを設置していない水槽では顕著です。 まぁ普通はヒーター設置するから そうは変化感じないかもしれないけど うちの場合はけちってじゃないけど 意図的にヒーター設置しない水槽があって タツノオトシゴ水槽がそのひとつです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こんなことで春を感じる

一年に一回この時期に手に入るものがあります。 そう地元産の生わかめです。 5月ぐらいまでの2ヶ月間ぐらいの間しか手に入りません。 うちでは水槽の栄養補給に わかめをよく使います。 この時期以外は塩蔵わかめをもちろん塩抜きをしてですが 週一回ぐらいのペースで投入します。 海苔を与える人もいるみたいですが う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日帰り手術を受けてみて

以前にも記事書きましたが 通常一週間程度入院を要す手術を ある病院では日帰りで手術してくれます。 2月25日にその日帰り手術を受けたので 実体験に基づく報告です。 2月24日24時まで普通に過ごしていて構いませんでした。 もちろん飲酒食事の制限は全くなく 手術日程が決まってからの毎日はいつもどおり過ごせます。 当日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとしたことだけど つづき

IEのクラッシュはやはり ノートンの暴走による事が判明。 昨日の朝刊にも記事が載るくらいだから 相当大きな影響が出たと思われます。 ただスマホが生きていたので まったくネットにつながらないわけではなかったから まだまだ良かったけど これが全部もし止まったとしたら 考えただけで恐ろしいです。 ウィルス対策ソフトは必要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more